日本の郷土料理図鑑

ブリのあつめし

ブリのあつめし(温飯)とは、大分県佐伯市に伝わる郷土料理。ブリを一口大に切り、しょう油、酒、砂糖で作るタレを掛けてどんぶり飯に乗せ、お好みでだし汁かお茶をかけて食べる。また、ネギ、胡麻、生姜、青じそ、わさび、ニンニク等の薬味と一緒に食べるのが一般的。魚はサバ、カツオ、アジ等も使われる場合もある。
元々は、漁師が船の上で保存食として食べていた漁師料理。別名で「りゅうきゅう」と呼ばれている通り、琉球の漁師から伝えられたと言われる。

2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、大分県の郷土料理として「だんご汁」「ごまだしうどん」と共に選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ブリのあつめしのレシピ・作り方

1.新鮮な魚を三枚に下ろし、皮をむいて刺身程の大きさに切る。切り身の切れ端や刺身の残りを利用する場合もある。
2.酒、みりん、しょう油(分量の目安としては1:1:2)のタレに漬け込み、2~3時間程度寝かせる(好みでみじん切りの生姜や摩り下ろしたゴマ等を加えてもよい)。
3.熱々のご飯の上に乗せて、2のタレをかけ、好みの薬味を添えて出来上がり。
※お湯やお茶でお茶漬け状にして食べる方法もある。

 

ブリのあつめしのおすすめサイト・通販情報

ブリのあつめしに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。