日本の郷土料理図鑑

うずめ飯

うずめ飯とは、島根県津和野町に伝わる郷土料理。「うづめめし」と呼ばれる場合もある。
椎茸や人参、かまぼこ、椎茸、高野豆腐等を角切りにしたものを塩、薄口醤油で煮て、その上にご飯をのせ、刻みのり、わさび、三つ葉などの薬味を加え、熱いだし汁をかけて食べる。具材は、魚や肉を入れる地域もある。だし汁とご飯を冷やして食べる「冷やしうずめ飯」を提供する店などが島根県津和野町にある。
「さよりめし」「深川飯」「忠七飯」「加薬ご飯」と並んで「日本五大銘飯」と呼ばれているうちのひとつ。

うずめ飯は江戸時代中期頃に考案されたとされ、その由来は、わさびを気兼ねなく振舞うためのもてなし料理であったという説、質素倹約の時代に役人から贅沢を隠したアイデア料理という説、肉を食べない時代に肉を食べるためご飯で隠したという説など諸説ある。
現在では、作る手間がかかる為、地元でも提供している飲食店は少ない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

うずめ飯のおすすめサイト・通販情報

うずめ飯に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。