日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理京都府の郷土料理 >千枚漬(せんまいづけ)とは

日本の郷土料理図鑑

千枚漬(せんまいづけ)

千枚漬とは、蕪を薄く切り昆布や唐辛子とともに酢漬けにした京都の伝統的な漬物。「すぐき」「紫葉漬け」と並んで「京漬物」の1つに数えられる。
江戸時代の御所の料理人・大藤藤三郎が考案。
京野菜の「聖護院蕪」を使うのが一般的で、聖護院蕪の栽培時期である11月から翌年3月頃までに漬け込みが行われる。

樽に漬け込む薄切りの蕪の枚数が、千枚以上であるという意味からこの名が付いたとされる。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、京都府の郷土料理に「京漬物」の1つとして「賀茂なす田楽」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

千枚漬(せんまいづけ)のおすすめサイト・通販情報

千枚漬(せんまいづけ)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。