日本の郷土料理図鑑

ジンギスカン

ジンギスカンとは、中央が凸型に盛り上がっているジンギスカン鍋を熱して羊肉と野菜を焼き、羊肉から出る肉汁で野菜を調理しながら食べる焼肉料理。現在は、日本各地で食べられているが、北海道の郷土料理である。肉に味をつけないで特製のたれで食べる食べ方もある。
あらかじめ味を付けて食べる方法が主流なのは旭川市や滝川市で、生肉が主流なのは札幌市、函館市、室蘭市、釧路市などの北海道南部、北海道東部の海岸部とされる。
2004年に北海道遺産の一つに選ばれ、2007年には農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、石狩鍋ちゃんちゃん焼きと共に北海道を代表する郷土料理に選ばれている。

その発祥は、日本軍の旧満州(現中国)への進出に関係しているとされ、中国料理の「烤羊肉(コウヤンロウ、カオヤンロー)」に影響を受けたと言われている。
ジンギスカンという料理の命名は、源義経が北海道を経由してモンゴルに渡ってジンギスカンとなったという伝説から想起したとされる。
北海道での本格的な普及は第二次世界大戦後と考えられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ジンギスカンのレシピ・作り方

(4人分)
1.漬けだれ(酒大さじ1.5杯/砂糖大さじ1杯/みりん大さじ1.5杯/ハチミツ大さじ1/2杯/しょうゆ50ml/おろし玉ネギ1/4個分/おろしニンニク1片分/おろしリンゴ1/8個分/ゴマ油小さじ1杯)に、羊肉(ラム肉又はマトン肉500g~600g)を30分以上漬け込む。
2.お好みで野菜類(玉ねぎ/白ねぎ/にら/もやし/キャベツ/ピーマン/長唐辛子/カボチャ/ナスなど)を食べやすい大きさに切る。
3.ジンギスカン鍋かホットプレートを熱し、サラダ油を薄く敷いて野菜類と羊肉をのせ、焼けたら出来上がり。

 

ジンギスカンのおすすめサイト・通販情報

ジンギスカンに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。