日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理北海道の郷土料理 >石狩鍋(秋味鍋) いしかりなべ(あきあじなべ)とは

日本の郷土料理図鑑

石狩鍋(秋味鍋) いしかりなべ(あきあじなべ)

石狩鍋とは、ぶつ切りやあら、切り身になどにした鮭をメインに、野菜や豆腐などを、昆布で出汁を取った味噌仕立ての汁で煮込んだ鍋料理の事。北海道の石狩地方が発祥とされる。
汁に酒粕を加えたり、隠し味としてバターや牛乳などを使う場合もある。仕上げに山椒をふりかけて食べる。
同じく鮭を使った「三平汁」と混同される事も多いが、石狩鍋の場合は味噌仕立てであるため、塩引きしない生の鮭を使う。
石狩鍋は、2007年農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、ジンギスカンちゃんちゃん焼きと共に、北海道を代表する郷土料理に選ばれている。

石狩川を漁場としていた漁師たちが、味噌汁の中に、鮭や野菜などを入れて食べていたものが発祥とされ、戦後より食べられるようになったと言われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

石狩鍋(秋味鍋) いしかりなべ(あきあじなべ)のレシピ・作り方

(4人分)
1.鮭(400g)をひと口大に切る。アラを使う場合は水洗いをよくした後、臭みを取るため熱湯をかける。
2.6~7mm厚さの半月切りにして面とりをした大根(200g)と、5mmの厚さで輪切りにした人参(1本)を、下ゆでし柔らかくしておく。
3.白菜(4枚)は葉と茎に分け、茎はひと口大のそぎ切り、葉はざく切りにする。ねぎ(2本)は斜め切り、えのきだけ(1袋)は根元を切ってほぐす。豆腐(1丁)はかるく水気を切り8等分に切る。
4.煮汁(だし汁カップ3/みそ100g/みりん大さじ2杯)のみそをみりんで溶き、鍋に入れてだし汁でのばし、材料を全て入れて火にかける。煮えたら出来上がり。

 

石狩鍋(秋味鍋) いしかりなべ(あきあじなべ)のおすすめサイト・通販情報

石狩鍋(秋味鍋) いしかりなべ(あきあじなべ)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。