日本の郷土料理図鑑

ちゃんちゃん焼き

ちゃんちゃん焼きとは、鮭などの魚と野菜を鉄板で焼いたもの。北海道石狩地方の漁師町の郷土料理で、2007年農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、ジンギスカン石狩鍋と共に北海道を代表する郷土料理に選ばれている。

ちゃんちゃん焼きの名前の由来は諸説あり、
・お父ちゃんが焼いて調理するから
・ちゃっちゃと素早く作れるから
・鮭を焼くときに、鉄板がちゃんちゃんという音を立てるから
・仕事中の漁師が親方の目を盗み、浜でスコップを使い鮭を焼いて食べた際、ちゃんちゃんこで身を隠していたから
・焚き火を起こすときの火打石の音から
・出来上がるのが待ちきれず、おはしで食器などを叩いた音がちゃんちゃんと鳴っていた事から
などが伝えられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ちゃんちゃん焼きのレシピ・作り方

1.お好みの量の野菜類(たまねぎ、長ネギ、キャベツ、人参、もやし、ピーマン、えのきなど)をあらかじめ適当な大きさに切っておく。
2.鮭の半身を用意し、塩こしょうをする。
3.鉄板を温めバター(大さじ1杯)を溶かす。
4.野菜類を鉄板の中央を空けて置き、真ん中に鮭を皮の方を下に向けて乗せる。
5.合わせ調味料(2人分で…白味噌大さじ2杯/酒大さじ2杯/みりん大さじ2杯/砂糖小さじ1杯/しょう油小さじ1杯)を鮭にかけたらアルミホイル等をかぶせて蒸し焼きにする。火が通ったら鮭の身をほぐして野菜類と混ぜ合わせて出来上がり。
※にじますなど他の魚を使っても良い。

 

ちゃんちゃん焼きのおすすめサイト・通販情報

ちゃんちゃん焼きに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。