日本の郷土料理図鑑

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーチャンプルーとは、ゴーヤ(にがうり)をメインに、豆腐や野菜、豚肉などを一緒に炒めた沖縄を代表する郷土料理。「チャンプルー」とは沖縄の方言で「ごちゃ混ぜにする」という意味がある。
ゴーヤーは、ビタミンCが豊富で栄養価も高く、夏バテの防止にも効果があるとされる。沖縄では、畑や家庭菜園でも栽培されているポピュラーな野菜。

沖縄にはゴーヤーチャンプルーの他、「タマナーチャンプルー」(キャベツ)、「マーミナーチャンプルー」(もやし)、「フーチャンプルー」(麩)、「ソーミンチャンプルー」(素麺)など、
様々なバリエーションのチャンプルーがあり、大抵はメイン具材の名をつけて呼ばれる事が多い。
元々は、あり合わせの具材で作っていた地元の家庭料理だったが、最近ではメディアで紹介されるなどして知名度が上がり、沖縄県以外の場所でも食べられるようになった。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、沖縄県の郷土料理として「沖縄そば」「いかすみ汁」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ゴーヤーチャンプルーのおすすめサイト・通販情報

ゴーヤーチャンプルーに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。