日本の郷土料理図鑑

やせうま

やせうまとは、小麦粉の生地をちぎって作った平らな団子を茹でたものに、きな粉と砂糖(または黒砂糖)をまぶした大分県の郷土銘菓。「痩馬(やせうま、やしょうま)」「八瀬馬」とも表記される。
そのまま、もしくは冷やして食べる。また、これを野菜類と一緒に味噌仕立ての汁で煮立てたものが、同じく大分県の郷土料理として知られる「だんご汁」となる。

発祥は諸説あり、平安時代、藤原鶴清麿という若君が八瀬出身の乳母の出したおやつを大変気に入り「八瀬、甘甘(やせ、うまうま)」とおねだりをした事からという説と、手で握った米粉で馬の形のおやつを作っていたのが小麦粉になり、細長くなったため「痩馬(やせうま、やしょうま)」と呼ばれるようになったという説とがある。
現在でも、庶民の食べ物としてよく食べられており、家庭で作っておやつとして食べたり学校給食で出される事もある。一部の地域では、お盆のお供えとする習慣も残されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

やせうまのおすすめサイト・通販情報

やせうまに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。