日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理島根県の郷土料理 >出雲そば(いずもそば)とは

日本の郷土料理図鑑

出雲そば(いずもそば)

出雲そばとは、島根県の出雲地方に伝わる郷土料理のそば。長野県戸隠村の「戸隠そば」、岩手県盛岡市・花巻市の「わんこそば」と並び、産地名を使った日本三大そばの一つに数えられる。
そばの実を皮ごと石臼で挽きこんで作ったそば粉で作るそばで、皮ごと挽くため一般のそばに比べて色が黒めで香りも濃く、そばのコシも強め。
出雲そばの代表的な食べ方は、水で冷やしたそばを3段に重ねた割子(わりご)と言われる丸い小ぶりの朱塗り器で食べるのが一般的(これは、江戸時代に松江の人々がそばを野外で食べる際、弁当箱として用いていた名残から)。おろし大根、ねぎ、刻みのり、鰹節などの薬味をのせ、そばつゆをかけて食べる。

茹でたそばを水で洗わず釜から器に直接盛って、そばつゆ薬味などを加えて食べる「釜揚げそば」と呼ばれる食べ方も人気。
出雲地方では、かつて出雲大社などのお参りの際、周辺のそば屋でそばを食べるのが庶民の楽しみのひとつであった。
また「神在月(かみありづき)」に行われる「神在祭」の際、神社の周りに屋台のそば屋が立ち並び、釜揚げそばで新そばを食べていたとされる。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、島根県の郷土料理として「しじみ汁」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

出雲そば(いずもそば)のおすすめサイト・通販情報

出雲そば(いずもそば)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。