日本の郷土料理図鑑

にしんの山椒漬け

にしんの山椒漬けとは、身欠きにしんを山椒の葉やしょう油、酒、酢などで漬けたもので会津地方の郷土料理。
江戸時代頃より作られていたとされる。身欠きにしんは貴重なたんぱく源だったが、この地域は山々に囲まれている事から海が遠く、新鮮な魚の入手が難しかったため、ニシンの干物に保存性を高める効果のある山椒の葉が使われていた。現在も、各家庭で毎年漬け込まれ、その味と風味から日本酒の肴としても親しまれている。
また、この地域ではにしんを漬けるための専用の「にしん鉢」が会津本郷焼で作られている。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、福島県の郷土料理として「こづゆ」と共に選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

にしんの山椒漬けのレシピ・作り方

(4人分)
1.身欠きニシン(500g)と山椒の葉(20枚)を水、または米のとぎ汁で良く洗い水気を切る。
2.1を一口大の大きさに切り、しょう油(75cc)、酒(75cc)、酢(75cc)、砂糖(大さじ1杯)を加える。
3.長めの器にニシンと山椒の葉を交互に挟み込み、ニシンが柔らかくなるまで漬け込んだら出来上がり。

 

にしんの山椒漬けのおすすめサイト・通販情報

にしんの山椒漬けに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。