日本の郷土料理図鑑

盛岡冷麺

盛岡冷麺とは、「わんこそば」「盛岡じゃじゃ麺」と並び「盛岡の三大麺」と呼ばれる岩手県盛岡市の麺料理。主に焼肉店などで提供される。
盛岡冷麺の麺は半透明で、小麦粉と片栗粉などのでんぷんで作られる強いコシと、独特の歯ざわりがあるのが特徴。麺は、太さに合わせた穴から押し出して作られる「押し出し麺」という製法で作られる。盛岡冷麺は、牛肉や鶏肉を煮込んださっぱりかつコクがあるスープも特徴のひとつで、付け合わせとしてリンゴ、スイカ、梨など季節の果物が乗せられるのが一般的である。 また、冷麺の辛みとして大根のキムチを合わせる。

朝鮮半島北部(現・北朝鮮)生まれの在日1世の青木輝人が、1954年(昭和29年)に盛岡市で開業した焼肉店「食道園」で、朝鮮半島の冷麺を参考に独自の製法でメニューとして出したのが盛岡冷麺のはじまりとされる。昭和40年代に入ると盛岡冷麺を提供する店が次々とオープン。現在では盛岡市内のみならず全国でその名を見かけるようになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

盛岡冷麺のレシピ・作り方

(2人分)
1.鍋でお湯を沸かし、塩(適量)、しいたけ(3枚)、小松菜(2把)、ほうれん草(2把)、絹さや(適量)を茹でる。
2.ゆで卵(1個)を作る。ほたて(4個)と海老(2個)は、バター・胡椒(それぞれ適量)で焼く。
3.冷麺(2人分)を茹でる。
4.麺の上に1と2を盛り付け、さらにきゅうり(1本)、トマト(1個)を切って盛り付けたら出来上がり。

 

盛岡冷麺のおすすめサイト・通販情報

盛岡冷麺に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。