日本の郷土料理図鑑

盛岡じゃじゃ麺

盛岡じゃじゃ麺とは、岩手県盛岡市で「わんこそば」「盛岡冷麺」と並び「盛岡三大麺」と呼ばれる麺料理の一つ。基本的には、盛岡周辺を中心とした岩手県で食べられている郷土料理。
茹でたじゃじゃ麺用の麺(平たいきしめんかうどん)に、特製の肉味噌ときゅうり、ねぎをかけ、お好みに合わせラー油やおろしショウガやにんにくをかけて食べる。
また、麺を食べ終わった後、その器に生卵とあまった肉味噌を入れ、茹で汁を注いでかき混ぜたスープを「鶏蛋湯(チータンタン)」と言う。

その発祥は、戦前、旧満州(現在の中国東北部)に移住していた高階貫勝が、第二次世界大戦後、満州時代に味わった「炸醤麺(ジャージアンミエン)」を元に、盛岡で日本の食材を使って屋台から始めたと言われている。盛岡の地元の人の口に合うように変化していくうち、現在の「じゃじゃ麺」としての独特の形が誕生した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

盛岡じゃじゃ麺のおすすめサイト・通販情報

盛岡じゃじゃ麺に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。