日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理大分県の郷土料理 >頭料理(あたまりょうり)とは

日本の郷土料理図鑑

頭料理(あたまりょうり)

頭料理とは、魚の骨と鱗以外の部分(頭、内臓、皮など)を茹で水にさらし、紅葉おろしやネギなどを入れた三杯酢につけて食べるもので、大分県竹田市に伝わる郷土料理。
起源は江戸時代初期。当時、魚は臼杵や佐伯から竹田まで運ばれており大変貴重なものだった為、通常は捨てられる魚の頭や内臓、皮の部分も無駄なく食べられるようにこの料理が考案されたとされる。
現在では、お正月や祭事などで食べられたり、竹田市の料理店や旅館などで出される事も多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

頭料理(あたまりょうり)のおすすめサイト・通販情報

頭料理(あたまりょうり)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。