日本の郷土料理図鑑

じゃこ天

じゃこてんとは、宇和海で捕れた新鮮な地魚の骨や皮をすりつぶし、扁平または団子状に形を整えて油で揚げた魚の加工品で、愛媛県南予地方の海岸部に伝わる名産品。
地域により「じゃこてんぷら」「皮てんぷら」「てんぷら」とも呼ばれる。使われる魚はホタルジャコが最適とされる。
煮物、お吸い物、サラダ、カレーの具材として使ったり、揚げたてをそのままおやつとして食べる。

宇和島藩の初代藩主・伊達秀宗が、故郷仙台から職人を連れてきて作らせたのが始まりとされる。宇和島では魚のすり身を揚げたものを「天ぷら」と呼んでいた事からその名が付いた。
愛媛県では現在も多くの店で売られており、各店舗ごとで風味に特徴があるとされる。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、愛媛県の郷土料理として「宇和島鯛めし」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

じゃこ天のおすすめサイト・通販情報

じゃこ天に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。