日本の郷土料理図鑑

ぼうぜの姿寿司

ぼうぜの姿寿司とは、イボダイを使った押し寿司のひとつで、徳島県北部に伝わる郷土料理。イボダイの事を徳島県では「ぼうぜ」という事から「ぼうぜの姿寿司」と呼んでいる。
イボダイをそのまま背開きにして、一匹丸ごと酢、または徳島県産のすだちで締め、酢飯を詰めて作る。酢で締められているため、頭から丸ごと食べる事ができる。寿司の上にすだちが添えられる事が多い。

9月から10月にかけてぼうぜの漁獲期を迎え、現在でも秋祭りなどで食べられる風習が残っている。ぼうぜの他にもアユやアジ、サバなどを使った姿寿司がある。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、徳島県の郷土料理として「そば米雑炊」と共に選ばれているほか、とくしま市民遺産にも選定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ぼうぜの姿寿司のおすすめサイト・通販情報

ぼうぜの姿寿司に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。