日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理広島県の郷土料理 >牡蠣の土手鍋(かきのどてなべ)とは

日本の郷土料理図鑑

牡蠣の土手鍋(かきのどてなべ)

牡蠣の土手鍋とは、味噌を鍋の内側に塗り、その中で生ガキや豆腐、野菜類を煮込んで食べる広島県の郷土鍋料理。煮込みながら、回りの味噌をくずして味を好みの加減に調整しながら食べるのが一般的な食べ方。
味噌は広島県府中市で作られる甘味のある白味噌「府中味噌」が、カキは生産日本一を誇る「広島かき」が使われる。

「牡蠣の土手鍋」との名前の由来は、鍋の周りに塗る味噌が「土手」のようである事からという説や、「土手」と言う行商人が考案したという説、かつて土手で売られていたという説など、その発祥は諸説ある。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、広島県の郷土料理として「あなご飯」と共に選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

牡蠣の土手鍋(かきのどてなべ)のおすすめサイト・通販情報

牡蠣の土手鍋(かきのどてなべ)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。