日本の郷土料理図鑑

岡山ばらずし

岡山ばらずしとは、岡山県を代表する郷土寿司。
椎茸や切ったかんぴょうの煮しめなどを混ぜ込んだ酢飯の上に、錦糸玉子、人参、酢れんこん、えんどう、ちくわ、かまぼこ、豆腐、茹でたタコ、海老、焼あなご、イカ、さわら、ままかりなどの具材を大きめに切って敷き詰めたもの。ちらし寿司に似ている。「岡山ずし」「備前ずし」「ばらずし」「祭りずし」とも呼ばれる。

江戸時代の岡山城下で、備前岡山の藩主・池田光政が、庶民の贅沢を禁じて質素倹約を奨励。それに伴って、汁物以外に副食を一品に制限する「一汁一菜令」を布告した。そのため、大きめの具を寿司桶の底に敷き、それらを覆うように細かい具の入った酢飯で覆って食事の直前に桶をひっくり返して食べたり、または酢飯の中に多くの具を直接混ぜん込んで「一菜」として食べていたとされ、「一汁一菜令」を逃れる方法として、岡山ばらずしは定着していったとされる。
現在、岡山ではお正月や祭事、来客のもてなしなどで振舞われている。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、岡山県の郷土料理として「ままかり寿司」と共に選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

岡山ばらずしのおすすめサイト・通販情報

岡山ばらずしに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。