日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理愛知県の郷土料理 >味噌田楽(みそでんがく)とは

日本の郷土料理図鑑

味噌田楽(みそでんがく)

味噌田楽とは、適度な厚さに切った豆腐を串に刺し、味噌だれをつけて焼いた郷土料理。
平安時代末期に中国より豆腐が伝わり、拍子木型に切った豆腐を串刺しにして焼いた料理が生まれた。その料理の、棒の上に白い豆腐が乗っている様子が高足を行っている田楽法師の姿と似ている為に「田楽」の名が付いたと言われる。
その後、室町時代に、すり鉢が登場し味噌がすり潰されて調味料として使われるようになったため、味噌を塗って焼いた味噌田楽が誕生した。

愛知県豊橋市の菜飯田楽は、豆腐の味噌田楽と菜飯をセットにしたものである。この菜飯田楽はかつては東海道の要所として栄えた現在の豊橋市の名物料理のひとつであったとされる。また同じ愛知県の津島市には、尾張地方中南部の名物でもある生麩(なまふ)を揚げて味噌をつけた「麩田楽」がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

味噌田楽(みそでんがく)のおすすめサイト・通販情報

味噌田楽(みそでんがく)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。