日本の郷土料理図鑑

菜飯(なめし)

菜飯とは、葉野菜をご飯に炊き込んだ料理で、愛知県豊橋市では、味噌田楽とセットになった「菜飯田楽」が地元名物となっている。
かつて白米が贅沢品とされていた時代、お米のみのご飯は、正月やお盆、または冠婚葬祭などでしか食べられなかった。そのため日常の食事ではご飯に麦やあわ、ひえなどの雑穀、または大根、山野草、芋など野菜類を混ぜ込んで量を増やしていた。こうした混ぜご飯を「糧飯」(かてめし)と呼び、菜飯もそのひとつ。

菜には、青菜ならばさまざまな種類のものが使われるが、かぶや大根の葉が使われるのが一般的。それ以外では、小松菜、ほうれん草、菜の花、野沢菜、しそ、わさびの葉なども合う。また、梅干やちりめんじゃこ、昆布茶などをいれる場合もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

菜飯(なめし)のおすすめサイト・通販情報

菜飯(なめし)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。