日本の郷土料理図鑑

ほうとう

良く練った小麦粉で作った生地を、折り重ねて幅広に切って麺を作り、野菜と共に味噌仕立ての汁で煮込んだ料理。一部の地域では穀物が使用される場合もある。麺の形はうどん状の長いものや、地域によってはすいとんのようなものも。麺を生のまま煮込むので、小麦粉が適度に味噌に溶けてとろみがある。またその為、冷めにくい。
使用される野菜として、夏はネギ、たまねぎ、じゃがいも、冬はかぼちゃや里芋、人参や白菜、椎茸などを入れる。豚肉、鶏肉などを入れる場合や、あずきのほうとうもあり、非常に栄養価の高い料理と言える。

その発祥は、平安時代末期、中国の禅僧によって伝えられたとされ、戦国時代には武田信玄の陣中食に用いられていたと言われる。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、山梨県の郷土料理として「吉田うどん」と共に選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ほうとうのおすすめサイト・通販情報

ほうとうに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。