日本の郷土料理図鑑

かんこ焼き

かんこ焼きとは、小麦粉の皮で山菜やキノコなどの具を包んで焼いたもので、相模原市津久井地域に江戸時代から伝わる郷土料理。
津久井で採れた小麦粉で作った生地を少し発酵させ、フキ等の山菜、シメジ等のキノコ、クリ、アズキ、カボチャ、サツマイモ、リンゴ、切り干し大根、漬物等の季節の地元食材を具として包んで、軽く焼いた後に蒸すもので、「おやき」に似ている。
江戸時代には、うるか(鮎のはらわたの塩漬け)や味噌を小麦粉の皮で包んで焼き、昼食などに食べていた。現在では、各家庭にある食材を包んで、気軽なおやつとして食べられている。

「かんこ焼き」という名は、雅楽で使われる太鼓のひとつである「羯鼓(かっこ)」に形が似ている事からついたとも、「乾粉」から付いたとも言われる。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、神奈川県の郷土料理として「へらへら団子」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

かんこ焼きのおすすめサイト・通販情報

かんこ焼きに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。