日本の郷土料理図鑑

太巻き祭り寿司

太巻き祭り寿司(ふとまきまつりずし)とは、卵焼きや酢飯を、かんぴょう、しいたけ、にんじんなど、季節の野菜や魚と一緒に、海苔や卵焼きで巻いて作る太巻き寿司で、千葉県の代表的な郷土料理。「太巻き寿司」と単に呼んだり、「房総巻き」「房総太巻き寿司」「飾巻き寿司」「花寿司」「祭りずし」などとも呼ばれている。

その歴史は寛政12年頃より。祭りや農家でのお祝いのために農民達の間で考案され、米や海苔の名産地と大きな漁場がある事から発達したとされる。
現在でも主に冠婚葬祭などで食べられる。切り口には花や動物など絵柄がついており、華やかなもてなし料理にも使用される。地域や家庭によりその絵柄や使用する材料が変わってくる。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、千葉県の郷土料理として「いわしのごま漬け」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

太巻き祭り寿司のおすすめサイト・通販情報

太巻き祭り寿司に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。