日本の郷土料理図鑑

そぼろ納豆

そぼろ納豆とは、納豆に塩漬けにした切り干し大根を混ぜ、しょう油等の調味料で味をつけた茨城県の郷土料理。小粒の大豆が特徴で、保存食として水戸地方の農家で作られた。「おぼろ納豆」「しょぼろ納豆」とも呼ばれている。そのまま酒の肴として、またご飯にかけたり、お茶漬けなどにして食べるなど様々な食べ方が楽しめる。
また、全国的に知られる水戸納豆の発祥は、明治以降に遡り、水戸線の開通に伴いお土産として売られた天狗納豆が、観光地などで販売され広まり納豆の産地として知られる事となった。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、茨城県の郷土料理としてあんこう料理(あんこう鍋)と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

そぼろ納豆のレシピ・作り方

(2人分)
1.乾燥切干大根(50g)をお湯で戻し、水気を切ったら適量の酒としょう油で炒める。
2.納豆(2パック)をボールなどに入れ良く混ぜる。
3.1と2を合わせ適量の塩で味を調えて出来上がり。

 

そぼろ納豆のおすすめサイト・通販情報

そぼろ納豆に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。