日本の郷土料理図鑑

ひっつみ

ひっつみとは、手でちぎった小麦粉の生地を鍋に入れ、魚や鶏肉、季節の野菜などと一緒に煮込んだ汁物の事で、すいとんの一種。
岩手県の北上盆地を中心とし、岩手県内各地域でふるさとの味として幅広く食べられている。
水を加えた小麦粉を練り、しばらくおいて固めたものを薄くのばしてひっつまむ(手でちぎり)事からこの名がつけられたとされる。
具やだしは地域や各家庭、季節などにより変化し、かに、魚、鶏肉、季節の野菜類などが入れられる。
地域により「つみれ」「とってなげ」「はっと」「きりばっと」と呼び方も様々。
2007年、農林水産省主催農山漁村により郷土料理百選に、岩手県の郷土料理として「わんこそば」と共に選出された。
また、ゆでたひっつみにきな粉と砂糖をかけると、おやつとして食べる事もできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ひっつみのレシピ・作り方

(4人分)
1.【ひっつみを作る】ボールに小麦粉(300g)を入れ、ぬるま湯(1/10カップ)を加えてよく練り、耳たぶくらいの硬さになったらラップか布をかけて1時間(夏)~2時間(冬)ほどおく。
2.鶏肉(200g)はひと口サイズに切り、人参(40g)は厚めの短冊切り、ごぼう(80g)は笹がきにして水にさらす。長ねぎ(1本)は斜めに切り、しいたけ(2個)は細切りにする。
3.鍋に調味料
(かつおだし3 1/10カップ、みりん1/4カップ、うすくちしょう油1/4カップ)を入れる。
4.3が煮えたら、2を加え煮立てる。
5.ひっつみを薄くのばし、手でちぎりながら鍋の中に入れる。ひっつみの生地の色が透明になったら出来上がり。

 

ひっつみのおすすめサイト・通販情報

ひっつみに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。