日本の郷土料理図鑑

ふなんこぐい

ふなんこぐいとは、鮒を昆布で巻き、大根といっしょに骨がやわらかくなるまで一昼夜煮込んだ佐賀県鹿島市の郷土料理で「鮒の昆布巻き」の事。
鮒は、佐賀平野の至る所に水路が張り巡らされ繁殖が盛んに行われていたり、また、毎年1月19日には鹿島浜町の中町通りで「ふな市」が行われていたりと、佐賀の秋から冬にかけて欠かすことのできない郷土食となっている。

発祥は、天武天皇の娘で大友皇子妃であった「十市皇女」が、大友方の天武暗殺計画を知り、鮒の腹に文書を隠して父に知らせた事に由来するとされる。
また、商売繁盛や無病息災を祈願し恵比寿様にお供えをする風習もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ふなんこぐいのおすすめサイト・通販情報

ふなんこぐいに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。