日本の郷土料理図鑑

須古寿し(すこずし)

須古寿しとは、浅めの木箱に敷き詰めた酢飯を小分けに区切りを入れ、その上に有明海で獲れるムツゴロウの蒲焼、卵、しいたけ、ごぼう、紅しょうが等の具を乗せた押し寿司の一種で、佐賀県杵島郡白石町に500年以上前から伝わる郷土料理。具は、様々な海の幸や山の幸が用いられるが季節や各家庭によって異なる。
元々は、農民のため米の品質改良に努めた須古の領主に、感謝の気持ちを込めて献上したのが始まりと考えられている。

その後代々各家庭に伝えられ、現在でもお祝いの席や祭事などで食べられている。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、佐賀県の郷土料理として「呼子のイカ料理」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

須古寿し(すこずし)のおすすめサイト・通販情報

須古寿し(すこずし)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。