日本の郷土料理図鑑

おきゅうと

おきゅうととは、干した「えごのり」を煮溶かし型で固めて作ったもので、福岡を中心に食べられている海藻加工食品。
「お救人」「浮太」「沖独活」とも表記され、地域により「えご」「いご」とも呼ばれる。「ところてん」に似ているが、ところてんの主原料は天草(てんぐさ)である。
薄めの短冊状に切り、かつお節の上におろし生姜や刻みねぎなどの薬味を乗せ、しょう油やポン酢、ごま醤油などで食べるのが一般的。

起源は、佐渡の「いごねり(えごねり)」が博多に伝来した事からと言われている。
語源については諸説あり、沖で取れる「ウド」という意味から、キューと絞る事から、飢饉の際に作られ「救人(きゅうと)」と呼ばれるようになった事から、漁師に製法を教わったため「沖人」となった事からなどが伝えられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

おきゅうとのおすすめサイト・通販情報

おきゅうとに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。