日本の郷土料理図鑑

節麺(ふしめん)

節麺とは、うどんやそうめん、ひやむぎなどの「手延べ麺」を作る際に出来る、麺の端にあたる部分「ふし」を活用した麺料理の事。香川県小豆島のお土産品などとして知られる。
手延べ麺を吊して乾燥させた後、手延べ麺となる直線部分を切り落とし、後に残った部分(棒にかかっていた曲線部分)が節麺となる。その形から「曲がり」と呼ばれたり、それに由来し「かんざし」「バチ」などとも呼ばれている。

食べ方としては、鍋料理に入れて煮込んだり、お吸い物や味噌汁の具にするのが一般的。また、麺つゆとしても食される。
兵庫県播州地方では、バチまたはバチ素麺とも呼ばれ、岡山県浅口市では大量に生地に混ぜ込んだお好み焼きがあり「バチオコ」と呼ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

節麺(ふしめん)のおすすめサイト・通販情報

節麺(ふしめん)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。