日本の郷土料理図鑑

ののこめし

ののこめしとは、お米や野菜類を詰めた油揚げをだし汁で炊いたもので、鳥取県西部地域に伝わる郷土料理。
昔より鳥取県西部では「浜綿」と呼ばれる綿の栽培が盛んに行われてきた。その綿の入った半てんの事を「布子〈ぬのこ〉」と言い、ご飯を包む油揚げのふっくらした様子が半てんに似ている事から、「ぬのこ」がなまり、「ののこめし」と呼ばれるようになったと言われている。また、かつてお米が大変貴重だった時代に、祭事やお祝い事などで振舞われていたとされ、それを「頂く」という感謝の気持ちから、別名「いただき」とも呼ばれるようになった。

その発祥は、かつて漁や農作業の際のお弁当として食べられていたという説や、江戸時代末期、境港市渡町にある「大祥寺」の僧侶が、福井県のお寺で精進料理として出されていた油揚げを気に入り、持ち帰ってお米や野菜を詰めて炊いたのが始まりとの説もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ののこめしのおすすめサイト・通販情報

ののこめしに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。