日本の郷土料理図鑑

はりはり鍋

はりはり鍋とは、鯨肉と水菜を用いた鍋料理のひとつで、大阪府を中心とした関西地方の郷土料理。名前の「はりはり」とは、水菜のシャキシャキとした食感から来た表現。
昆布で出汁をとった鍋に水菜をたっぷり入れ、鯨肉を薄切れにして加える。煮立ったら、ポン酢につけて頂く。お好みで、粉山椒や七味唐辛子をかけても良い。また、出汁を使わずに水菜から出る水分だけで煮て、しょう油、酒、砂糖などで味を調える場合もある。一般的な鍋料理とは違い、水菜と鯨肉以外は何も入れない。

かつて捕鯨が盛んだった頃、日本では鯨肉は安価で手に入りやすい食材だった。そのためはりはり鍋は庶民の素朴な味覚として好まれていたが、商業捕鯨が中止され鯨肉が入手困難になってからは、豚肉もしくは鴨肉など鯨肉以外の代用の肉を使う事が多くなった。また、肉の代わりにに油揚げを用いる「キツネ鍋」などもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

はりはり鍋のおすすめサイト・通販情報

はりはり鍋に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。