日本の郷土料理図鑑

船場汁(せんばじる)

船場汁とは、塩さばと大根などの野菜類を煮込んで作る澄まし汁の1つで、大阪の問屋街である船場が発祥。別名「船場煮」とも呼ばれる。
塩さばの身、頭、中骨などを切って、昆布と適当な大きさに切った大根と一緒に煮立てる。具が煮えたら仕上げにしょう油で味を調え、お好みでねぎ、こしょう、しょうがなどを加えて食べる。
かつて、船場で働く従業員が食べていた料理が発祥とされ、時間をかけずに簡単に作れて、魚のアラまで使うためムダがなく安い単価で食べられる事などから、忙しい船場での問屋街で親しまれ定着していった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

船場汁(せんばじる)のおすすめサイト・通販情報

船場汁(せんばじる)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。