日本の郷土料理図鑑

赤こんにゃく

赤こんにゃくは、三二酸化鉄という食品添加物で赤色に加工したこんにゃくで、滋賀県の近江八幡に伝わる。辛さを連想される赤色だがが、辛子などが入っているわけではなく、通常のこんにゃくと味は変わらない。近江八幡では日常的に、また冠婚葬祭等でも食べられている。
安土桃山時代、織田信長がこんにゃくを赤く染めさせたのが、近江八幡の赤こんにゃくの由来と言われている。

近江八幡では、古く平安時代に中国から伝えられた五穀豊穣を祈って行われる「左義長祭」が有名で、「信長記」によると、織田信長が赤の長襦袢をまとい女装して踊り出しこの祭りを盛りあげたと記されている。以来、町の若者達が女装して山車をかつぐという形で引き継がれ、天下の奇祭として広く知られるようになった。
また、この祭りで山車に飾られる赤紙にヒントを得て、近江商人が考案したとも言われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

赤こんにゃくのおすすめサイト・通販情報

赤こんにゃくに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。