日本の郷土料理図鑑

ニシ汁

ニシ汁とは、巻貝「イボニシ」を使った味噌汁の事で、愛知県知多郡南知多町の篠島などで、主に冬に食べられる郷土料理。酒のつまみとしても食べられる事が多い。ニシ汁のニシとは、イボニシの地元での呼び名。イボニシには、唐辛子のようなピリピリした辛味と苦味があり、またタウリンが豊富に含まれているため、疲労回復や骨粗鬆症予防に効果があると考えられている。
食べ方は各家庭により様々だが、そのまま味噌汁の具として使ったり、すりつぶして焼いた味噌などで調理して食べる場合などがある。この場合は、炊き立ての飯にかけてお茶漬け風にして食べる事が多い。イボニシの辛味や独特の風味から、地元でも好き嫌いがはっきり分かれると言われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ニシ汁のおすすめサイト・通販情報

ニシ汁に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。