日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理山梨県の郷土料理 >甲府鳥もつ煮(こうふとりもつに)とは

日本の郷土料理図鑑

甲府鳥もつ煮(こうふとりもつに)

甲府鳥もつ煮とは、山梨県で食べられている、ニワトリのモツを砂糖と醤油で煮込んだ郷土料理。
山梨県内では一般に「鳥もつ煮」と呼ばれているが、発祥の店がある甲府市の名を取り「甲府鳥もつ煮」、または「甲州鳥もつ煮」とも呼ばれる。
砂糖と醤油だけを使って小鍋で短時間のうちに強火で照り煮をする。汁気はなく照り焼きに似た状態となる。
山梨県内では、蕎麦屋、ほうとう屋などの定番メニューとして知られており「鳥もつ」といえばこの甲府鳥もつ煮を指す。

その発祥は、山梨県甲府市にある蕎麦屋「奥藤(おくとう)」。1950年(昭和25年)頃、当時の店主・塩見勇蔵が鳥もつを使った料理を発案し、調理を担当していた弟の塩見力造がレシピを完成させたとされる。
2008年(平成20年)より、甲府市役所職員の若手有志がまちおこし団体「みなさまの縁をとりもつ隊」を旗揚げ。甲府のB級グルメとして全国に向けてのPR活動が行われている。2010年B-1グランプリ優勝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

甲府鳥もつ煮(こうふとりもつに)のおすすめサイト・通販情報

甲府鳥もつ煮(こうふとりもつに)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。