日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理山梨県の郷土料理 >鮑の煮貝(あわびのにがい)とは

日本の郷土料理図鑑

鮑の煮貝(あわびのにがい)

鮑(あわび)の煮貝とは、あわびをそのまま醤油ベースの煮汁で煮浸しにした山梨県の高級名産品。
発祥は1860年頃。山梨県は海に面しない内陸地域のため、海産物などは隣接する静岡県や神奈川県など他の地域に頼っていた。交通が不便だった当時、あわびは鮮度を保ちながら他の地域に運ぶことは困難だったため、駿河湾などで獲れたあわびは醤油漬けにして木の樽に入れ、馬の背に乗せて運んだところ、馬の体温とその振動で醤油があわびに程良く染み込み、山梨に着く頃にはちょうど良い味に仕上がった事が発祥のきっかけとなったとされる。
昔から貴重な高級名産品と位置づけされており、現代では、結婚式などのお祝いの席や贈答品として食べられることが多い食品である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

鮑の煮貝(あわびのにがい)のおすすめサイト・通販情報

鮑の煮貝(あわびのにがい)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。