日本の郷土料理図鑑

五家宝(ごかぼう)

五家宝(ごかぼう)とは、水飴で固めたおこしを、きな粉と水飴を混ぜた皮で巻き付け、黄粉や青大豆をまぶした和菓子。埼玉県熊谷市や加須市の銘菓として知られ、埼玉の三大銘菓の一つに数えられる。埼玉の音風景・かおり風景10選の1つにも認定されている。
五家宝の発祥は、水戸の銘菓「吉原殿中」を元に熊谷で作られたという説や、幕末に下総国五霞村(現在の茨城県猿島郡五霞町)で作られたという説、文化年間(1804~1817年)に武蔵国不動岡(現在の埼玉県加須市)で作られたという説、享保年間(1716~1736年)に上野国五箇村(現在の群馬県邑楽郡千代田町)で作られたという説、原料に「五穀」を用いたことから名付けられたという説など諸説ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

五家宝(ごかぼう)のおすすめサイト・通販情報

五家宝(ごかぼう)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。