日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理富山県の郷土料理 >昆布〆め(こんぶしめ)とは

日本の郷土料理図鑑

昆布〆め(こんぶしめ)

昆布〆めとは、刺身を昆布で挟んでひと晩程おき、刺身の様にしょう油につけて食べる富山県の昆布料理のひとつ。「こぶじめ」「昆布締め」とも呼ばれる。
冬の北陸は季節風が強く吹き海が荒れる日が多く、漁が出来ない日々が続くため魚を日持ちさせる方法として、また、北海道から大量に送られる昆布を消費する方法として考案されたのがはじまり。昆布が水分を吸収し刺身の身が締まり、昆布の旨味が刺身に移ることで、元の刺身とはまた違った深い味わいとなる。
巻かれる魚は、ブリやカジキが一般的だが、タイ、イカ、甘エビなど、ほとんどの刺身に応用できる。また、サワラのように身の軟らかい魚でも、昆布〆めにすると肉質が締まり旨みが出るとされる。
また、刺身からの水分を吸って柔らかくなった昆布も食べる事ができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

昆布〆め(こんぶしめ)のおすすめサイト・通販情報

昆布〆め(こんぶしめ)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。