日本の郷土料理図鑑

ぶり大根

ぶり大根とは、やわらかく煮た大根にブリのアラを加え、しょう油、砂糖、だし汁、みそなどを入れてじっくり煮込んだもの。富山の郷土料理だが、日本全国で食べられている冬の料理。
「富山湾の王者」と称されるブリは、養殖は一切行われておらず、水揚げされるブリは全て良質な天然のブリのみ。
また、ブリは成長とともに数回呼び名が変わることから「出世魚」と言われ、縁起物として歳暮や祭事などで食される事が多い。
また富山には、ブリ大根の他、ブリの照り焼き、ブリを使ったなますなど、様々なブリ料理が存在する。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、富山県の郷土料理として「鱒寿司」と共に選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

ぶり大根のレシピ・作り方

1.ブリのうろこを取り熱湯をかけて臭みをとり、冷水にさらして血合いを抜く。
2.大根は輪切りに切って皮をむき、米のとぎ汁で1時間ほど下茹でする。
3.ブリと大根、薄切りにした生姜を鍋に入れ、しょう油、みりん、砂糖を適量入れて大根に色が付くまで煮こんだら出来上がり。

 

ぶり大根のおすすめサイト・通販情報

ぶり大根に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。