日本の郷土料理図鑑

笹ずし

笹ずしとは、笹の葉の上に一口大の寿司飯をのせ、その上に山菜などの具材や薬味をのせた郷土料理。現在では新潟県全域のほか、長野県の一部でも食べられている。
具材は、わらび、竹の子、ぜんまいなどの山菜や、くるみ、人参、ひじき、油揚げなどが使われる。薬味には、紅しょうがをあしらうのが一般的。
しかし、川魚や錦糸卵、そぼろなどを乗せる地域もあるなど、各家庭や地域によってその具材は異なる。また、具材を寿司飯に混ぜる地域もある。
新潟県上越地方では笹の葉を箕の形に折って作り、箕寿司と呼ぶ地域もある。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、新潟県の郷土料理として「のっぺい汁」と共に選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

笹ずしのレシピ・作り方

1.具材は食べやすいよう小さく切っておく。
2.笹の葉に寿司飯をひと口大に盛り付ける。
3.薬味も、具材に添えるように寿司飯の上に乗せる。
4.葉で寿司飯を包み込むように巻きイグサなどの紐でしばって出来上がり。

 

笹ずしのおすすめサイト・通販情報

笹ずしに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。