日本の郷土料理図鑑

腹子飯(はらこめし)

腹子飯とは、ご飯の上に鮭の切り身とイクラなどを乗せた郷土料理。鮭の身と子(イクラ)を使った「鮭の親子丼」である。用いられるご飯は、鮭の煮汁で炊いたものや通常の白米など地域により異なる。 2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、宮城県の郷土料理として「ずんだ餅」と共に選ばれている。駅弁としても人気が高い。

阿武隈川の河口付近にある亘理地方では、鮭の地引網漁が盛んに行われており、大漁の際に漁師が考案し振舞ったのが、腹子飯のはじまりと言われている。
江戸時代、伊達政宗公が阿武隈川修繕の視察に亘理地方を訪れた際、地元の漁師から腹子飯が献上され、大変気に入った事から全国に広まったという言い伝えが残されている。
名前の由来は諸説あるが、腹子とはイクラの方言である事から、腹子飯と呼ばれるようになったとの説もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

腹子飯(はらこめし)のレシピ・作り方

材料 ( 2~3人分 )
1.鮭(2~3切れ)を、ひと切れが3~4等分になるように切る。
2.鍋に調味料(しょう油大さじ2杯/酒大さじ1杯/みりん大さじ1杯/水大さじ3杯)を煮立て、鮭が重ならないように入れて2~3分ほど煮てる。
3.炊飯器に、米2合、2の煮汁と2合の目盛りまでの水を加え、だし昆布(5センチ角程度の大きさのもの1枚)を入れて炊く。
4.炊き上がったらだし昆布を取り出し、ご飯に先ほど煮た鮭半分程度を適度な大きさにほぐして混ぜる。
5.ご飯の上に、残しておいた煮た鮭といくら(適量)をトッピングし出来上がり。
※お好みで刻みのりや薬味を乗せても良い。

 

腹子飯(はらこめし)のおすすめサイト・通販情報

腹子飯(はらこめし)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。