日本の郷土料理図鑑

法度(はっと)汁

法度汁とは、地域ならではの食材や季節の野菜、そして「はっと」を加えて醤油仕立てで煮た汁物で、すいとんに似た宮城県登米地方の郷土料理。
各地域により味付けや具材が異なり、特産物の油麩を入れる地域もある。また、お湯で茹でて、あずき、ずんだ、エゴマなどに絡める場合もある。

名前の由来には諸説あり、米の収穫が減少した時期に米の代用食として小麦粉料理が多く食べられ、米の生産が怠る事に危機感を感じた殿様がご法度を発令したという説や、起源と考えられる料理「ほうとう」、または平安時代に存在したお菓子「薄飩(はっとん)」が訛ったとの説もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

法度(はっと)汁 のレシピ・作り方

1.【はっとを作る】白玉粉(25g)に水(大さじ2)を加え、ざらつきがとれたら、薄力粉(25g)を混ぜ合わせ、水(少々)を加えて耳たぶくらいの固さになるまで練る。
2.鍋にだし汁5カップ、塩(小さじ1)、しょう油(大さじ1)を入れ、適度な大きさに切った油揚げ(1枚)、ごぼう(1/3本)、にんじん(50g)、豆腐(1/4丁)を入れて煮る。野菜類が柔らかくなったら、1で作ったはっとを一口大取り、薄くのばして加える。
3.はっとが浮き上がり透き通ってきたら、適度な大きさに切ってさっと茹でた小松菜(適量)を加え一煮立ちさせる。
4.3を器に盛りつけして出来上がり。
※お好みで七味とうがらしなどをふっても良い。

 

法度(はっと)汁 のおすすめサイト・通販情報

法度(はっと)汁 に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。