日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理大分県の郷土料理 >黄飯(きめし/おうはん)とは

日本の郷土料理図鑑

黄飯(きめし/おうはん)

黄飯とは、「くちなし」で色を付けた黄色いご飯の事で、大分県臼杵市に伝わる郷土料理。愛知県、 静岡県にも同様のものがある。
乾燥したくちなしの実に刻み目を付けて水につけ、黄色に染まったその水でお米を炊いて作る。根菜や白身の魚類(エソなど)を具にした「加薬(かやく)」と呼ばれる汁と一緒に食べるのが一般的。
江戸時代、財政が困窮した臼杵藩で慶事に出す料理として、赤飯の代わりに考案されたと言われる。

また臼杵地方は、キリシタン大名・大友宗麟の拠点でもあった事から、黄飯はスペイン料理の「パエリア」の影響を受けているとも言われている。
現在でも、大晦日などには黄飯を作る習慣が残っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

黄飯(きめし/おうはん)のおすすめサイト・通販情報

黄飯(きめし/おうはん)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。