日本の郷土料理図鑑

きらすまめし

きらすまめしとは、魚の切身や野菜をしょう油などで味付けし「おから」で和えたもので、大分県臼杵市の郷土料理。
その名前から米料理と思われがちだが、「きらす」と「まめし」の二つの言葉を合わせたもので、「きらす」は「おから」、「まめし」は「まぶす」を意味する方言である事から、「おからをまぶしたもの」という意味になる。
元々は、魚をおろした後や刺身にした後の切れ端とおからで作られた料理で、質素倹約の料理法として江戸時代に生まれたとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

きらすまめしのレシピ・作り方

1.ブリ、マグロ、サバ、アジなどの薄い切身をしょう油に漬ける。
2.おからに、ねぎや生姜、紫蘇、みょうがなどを刻んだものを混ぜる。
3.1と2を和えて、かぼすなどを絞って出来上がり。

 

きらすまめしのおすすめサイト・通販情報

きらすまめしに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。