日本の郷土料理図鑑

あずまずし

あずまずしとは、酢で締めたママカリやコノシロなどを使った握り寿司の一種で、広島県や岡山県からなる瀬戸内地域の郷土料理。「あずまずし」の名は主に海岸部での呼び方で、山間部では「卯の花ずし」と呼んでいる。
あずまずしの主な特徴は、酢飯の代わりに酢で味付けした「おから」を使う。ご飯とおからを混ぜて使うこともある。米が貴重な漁村の節米のために考案された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

あずまずしのレシピ・作り方

1.湯通ししたニラ、人参、生姜をみじん切りにしておく。
2.おからに1と黒ごまを加える。
3.2に三杯酢を加える。
4.おからを一口大の大きさにして、上に一昼夜漬けたママカリの酢づけを乗せて握る。

 

あずまずしのおすすめサイト・通販情報

あずまずしに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。