日本の郷土料理図鑑

味噌煮込みうどん

味噌煮込みうどんとは、名古屋の名産品である八丁味噌(豆味噌の一種)仕立ての濃い汁にかつお節のだしを効かせ、小麦粉と水で作られるこしの強い麺を土鍋でぐつぐつ煮込んだ、愛知県を代表する冬の郷土料理。尾張地方では「きしめん」と並んでよく食べられている。「すいとん」や「ほうとう」などと同じく、つゆや汁を別に作らずに、うどんを煮た汁はそのままの状態で食べる。
具材には、鶏肉、油揚げ、卵、野菜、もち等が使われるのが一般的で、栄養のバランスも良い。
白飯と一緒に食べることもあり、余った汁を米と一緒に炊き「おじや」とする場合もある。

戦国時代、武田信玄の陣中食だったほうとうが、武田家滅亡後に武田家遺臣により徳川家に伝えられたのが、名古屋の味噌煮込みうどんの起源であるという説もある。
現在では、名古屋市以外でも愛知県内の多くの店で提供されている。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、愛知県の郷土料理として「ひつまぶし」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

味噌煮込みうどんのおすすめサイト・通販情報

味噌煮込みうどんに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。