日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理長崎県の郷土料理 >一口香(いっこうこう)とは

日本の郷土料理図鑑

一口香(いっこうこう)

一口香とは、水飴で練った小麦粉の皮で黒糖あんを包み焼いたもので、長崎県や愛知県に伝わる郷土菓子。小麦粉と水飴の皮はボーロ状で、中は空洞である事から「からくりまんじゅう」とも呼ばれる。また、黒糖あんの代わりに柚子ジャムを用いたあんや紫芋あん、抹茶あん等の様々なバリエーションがある。また、ソフトなタイプの一口香もある。
長崎県では一般的な駄菓子やお土産品として販売されている。

その起源は、中国の船員が食べていた保存食と言われているが詳しい事は判っていない。長崎市には一口香と良く似た「胡麻パン」と呼ばれる中華菓子があり、これが一口香と同じ起源を持つと考えられている。江戸時代の文書に、一口香と製法が似ている「胡麻餅」の記載が既にある事から、伝来した時期はかなり早いと考えられている。
佐賀県にも同系統の郷土菓子「(同じ読みで)逸口香」がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

一口香(いっこうこう)のおすすめサイト・通販情報

一口香(いっこうこう)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。