日本の郷土料理図鑑

どんがら汁

どんがら汁とは、「寒鱈」と呼ばれる脂の良くのった大きなタラを使った山形県庄内地方の郷土料理で、タラのブツ切りの身、頭、内臓などを鍋に入れ、ねぎや大根、豆腐など加えて味噌で煮込んだ鍋料理。身よりも白子やアラから出る旨みがポイントで、食べる直前に岩のりを入れると一層風味が増す。
その名の由来は、寒鱈の「身とガラ」である「胴殻(どうがら)」が変化したものとされ、庄内地方の漁師らが船上や浜辺で、魚を余さず丸ごと食べていた漁師料理をルーツとして古くから伝えられてきた。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、山形県の郷土料理として「芋煮」と共に選ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

どんがら汁のレシピ・作り方

1.出汁昆布を水に入れ火にかけ、適度な大きさに切った鱈の身とアラ(内臓、頭)を鍋に入れて、煮立ったら昆布を取る。
2.味噌や酒粕などで味を整えた後、ネギ、大根、豆腐などを加え、火が良く通ったら出来上がり。
※お好みで岩のりを散らしても良い。

 

どんがら汁のおすすめサイト・通販情報

どんがら汁に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。