日本の郷土料理図鑑

イカのポンポン焼き

イカのポンポン焼きとは、青森県八戸市およびその周辺の、主に太平洋沿岸に伝わるイカを使った郷土料理。イカのぽっぽ焼きと呼ばれ事もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

イカのポンポン焼きのレシピ・作り方

(4人分)
1.スルメイカ(4杯)の内臓と下足、軟骨を取り除き、イカの胴体を水で洗う。
2.内臓からすみ袋をはずし、下足は3cm程度に切る。
3.たまねぎ(1/2個)は約5mm角に、長ネギ(2本)は斜め薄切りに、青ネギ(4本)は4cm程度に切る。
4.フライパンに油を適量落とし、みじん切りにしたしょうが(20g)を炒め、そこにイカの内臓を加えて少し炒めたら、イカの下足、たまねぎ、長ネギ、青ネギを加えてさらに炒める。味噌(30g)を酒(大さじ1杯)で溶いて加え、全体を炒めたらしばらく置いて冷ます。
5.スルメイカの胴に、さきほど炒めた具を八分目まで詰めつまようじで閉じる。
6.フライパンに多めの油を熱し、イカを入れて中火強で焼く。

 

イカのポンポン焼きのおすすめサイト・通販情報

イカのポンポン焼きに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。