日本の郷土料理図鑑

エスカロップ

エスカロップとは、炒めたライスの上にトンカツを載せ、デミグラスソースをかけたもの。北海道根室市の郷土料理として知られ、省略してエスカと呼ばれる事もある。
ケチャップライスを用いる「赤エスカ」と、微塵切りの筍が入ったバターライスを用いる「白エスカ」とがあり、現在は白エスカが主流となっている。
「肉の薄切り」を意味するフランス語の「エスカロープ(escalope)」が語源とされており、その名の通り比較的薄切りの豚肉が使われる。
また、通常付け合せとしてサラダなどを添える場合が多い。
根室市でのエスカロップの普及度は非常に高く、料理店やホテル、コンビニエンスストアなどで食事メニューとして広く提供される。しかし、根室市以外ではほとんど見られない料理でもある。

エスカロップの発祥は、昭和38年頃、根室市のレストラン「モンブラン」のシェフにより、地元の漁師たちが、手早く満腹感を満たすことができるメニューとして考案されたとされる。
考案当初は、仔牛肉を使ったビフカツをナポリタンスパゲッティの上に載せてデミグラスソースをかけていた。だが牛肉は高価なため、やがてトンカツを用いるようになり、スパゲッティはケチャップライスに代わった。これが「赤エスカロップ」の原型とされる。その後、赤エスカを基に白エスカが誕生した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

エスカロップのレシピ・作り方

( 2人分 )
1.お米(2合)を洗ってざるにあげておく。
2.たけのこ(たけのこの水煮100g)、にんにく(1片)、玉ねぎ(1/2個)をみじん切りにする。
3.【バターライスを作る】フライパンにバター20gを溶かし、米とたけのこを入れ炒める。
4.炊飯器に移して、コンソメスープの素(1個)と塩・こしょう(少々)を入れて炊く。
※水は合数の目盛りより少し多めにを注ぐのがコツ。
5.【豚カツを作る】豚肉(2枚)を叩き、塩・こしょう(少々)で下味を付け、小麦粉→卵→パン粉の順で衣をつけて揚げる。
6.炊けたバターライスをお皿に盛り、その上に食べやすい大きさに切った豚カツをのせて、その上から適温に温めたデミグラスソースをかけたら出来上がり。
※ お好みのとしてサラダやコールスローなどを付け合せにしても良い。

 

エスカロップのおすすめサイト・通販情報

エスカロップに関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。