日本の郷土料理図鑑都道府県別郷土料理北海道の郷土料理 >松前漬け(まつまえづけ)とは

日本の郷土料理図鑑

松前漬け(まつまえづけ)

松前漬けとは、 スルメと昆布を細切りにし、醤油、酒、みりん、砂糖などで漬け込んだ北海道の郷土料理。酒の肴やご飯のおかずとしても相性が良い。
かつては、豊富に獲れて余っていた数の子がメインに使われていたが、数の子の漁獲数が減ったため、現在はスルメと昆布のみを漬け込んだ物が主流となった。

その発祥は「松前」の名前の通り、松前藩(現在の松前郡松前町周辺)の郷土料理が元祖とされる。
山形屋により昭和12年に商品化され全国的に知られる事となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の郷土料理図鑑 郷土料理のレシピ、通販情報


  

松前漬け(まつまえづけ)のレシピ・作り方

(4人分)
1.乾燥したスルメ(2枚)と昆布(約30cm)の表面を濡れ布巾で良く拭いてはさみで細切りにする。
2.数の子(お好みの量)を小さく切る。
3.人参(1本)はスルメ・昆布よりもさらに細い千切りにする。
4.この下ごしらえをした材料を鍋に入れ、酒・醤油・みりん(各3/2カップ)を加え、一旦煮立てる。
5.冷ましたら調味汁をかけ、唐辛子(お好みの量)を混ぜ合わせ、1週間冷所に保存して出来上がり。

 

松前漬け(まつまえづけ)のおすすめサイト・通販情報

松前漬け(まつまえづけ)に関連するお勧めの商品を紹介しています。なお、下記リンク先は楽天市場となっております。